MacのTeX環境でemathを使う

TeX

ぬにょす(挨拶)。

ちょっと仕事で久々にTeXで数式を含む文書を作ることになって、emathパッケージを使いたいなぁってことでインストールしたメモです。
ちなみにTeX環境は MacTex-2019 です。

基本的な手順は emath.styの置き場所 に書かれているので、その通りに実施しました。

ユーザ用 texmf の場所

ホームディレクトリの下に texmf フォルダを置くことにしました。

texmf の下のサブディレクトリ名

手順に従い以下のコマンドを実行します。

% kpsewhich --progname=platex jarticle.cls

私の環境では以下の結果が表示されました。

/usr/local/texlive/2019/texmf-dist/tex/platex/base/jarticle.cls

/texmf-dist/ から /base/ までの文字列がサブディレクトリ名になるとのことなので、私の環境では tex/platex となるようです。

emath.sty の置き場所

以下のコマンドを実行してズバッとディレクトリを作成しました。

% mkdir -p Library/texmf/tex/platex/misc/emath

emath.sty などの配置

まず丸ごとパックを解凍して得られる sty.zip をさらに解凍して得られるファイルを、作成したディレクトリにまるっとコピーし、続いて訂正版を解凍して得られるファイルもまるっとコピーしました。

mktexlsr

コマンド単発ではエラーになったので、管理者権限で実行しました。

% sudo mktexlsr

ただ、実行結果を見ると

mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/2019/texmf-config/ls-R...
mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/2019/texmf-dist/ls-R...
mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/2019/texmf-var/ls-R...
mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/texmf-local/ls-R...
mktexlsr: Done.

という感じで、emath.sty を配置したディレクトリが含まれていなかったので、実行しなくても良かったのかな…。

TeXShopの再起動

TeXShopを再起動したら問題なくemathパッケージが有効になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました