WordPressのシンタックスハイライトをSyntax-highlighting Code Block (with Server-side Rendering) に乗り換えた

WordPress

ぬにょす(挨拶)。

WordPressのシンタックスハイライト用プラグインとして、長らくCodeColorerを使っていたのですが、ふと2年ぐらい更新されていないことに気が付きました。

そんな訳で、もう少し頻繁にメンテされてるものは無いかと探しまして、Syntax-highlighting Code Block (with Server-side Rendering) を見つけました。

プラグイン名に Server-side Rendering と入っている通り、サーバーサイドでハイライト処理を行ってくれるようです。

設定画面がないので、スタイルを変更するにはフィルターフックをかます必要があります。

westonruter/syntax-highlighting-code-block
Extending the WordPress Code block with syntax highlighting rendered on the server, thus having faster frontend performance and being AMP-compatible. - westonru...

具体的には、管理画面から外観→テーマエディターを選択。

テーマのための関数(function.php)を選択。

フィルターフックを追加します。

add_filter(
	'syntax_highlighting_code_block_style',
	function() {
		return '適用したいスタイル';
	}
);

指定できるスタイルの一覧はこちらにあります。

scrivo/highlight.php
A port of highlight.js by Ivan Sagalaev to PHP. Contribute to scrivo/highlight.php development by creating an account on GitHub.

各スタイルの見た目は highlight.js のデモサイトで確認できます。

highlight.js demo

ポチポチっと気軽にスタイルの切り替えはできませんが、そう頻繁に変えるものでもないですしね。当面はこのプラグインにお世話になろうかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました