VPSにPostfixを入れてメールを飛ばす

Linux

ぬにょす(挨拶)。

WordPressの自動更新通知など、サーバーからメールを送りたい場面があるので送信だけできるようにします。
メールクライアントからの送受信は考えません、というか出来ないようにします。
構築環境はWebARENA VPSクラウド上のUbuntu Server 18.04 LTSです。

参考にしたサイト

メールサーバーの構築は不慣れなもので…以下の記事を参考にしました。

SPFレコードの設定

GmailなどはSPFレコードが設定されていないと受信拒否されるようです。
私は外部のネームサーバーを使っているので、以下の内容で先に設定しました。

  • ホスト名:amiiby.com
  • TYPE:TXT
  • TTL:500
  • VALUE:v=spf1 +ip4:140.227.234.99 -all

Postfixのインストールと設定

いつも通りapt installします。

$ sudo apt install postfix

途中で出てくるPostfix Configurationでは

  • General type of mail configuration -> Internet Site
  • System mail name -> mail

としました。

設定ファイルを編集します。

myhostname = amiiby.com
inet_interfaces = localhost

myhostnameはmail.amiiby.comみたいにしなくて良いの?と思いましたが。
後述するメール送信では問題なかったので、そのままにしています。触らぬ神に祟りなしの精神。
外部からのメール送受信などでは問題が発生するかも知れません。

設定をチェックしてエラーがなければ再起動します。

$ sudo postfix check
$ sudo systemctl start postfix

送信テスト

tailコマンドでログを監視します。

$ tail -f /var/log/mail.log

WordPressに問い合わせフォームを設置して送信ボタンをポチッとしたら、以下のログが出力されました。(ログの一部を加工してます)

Mar 15 10:04:12 hostname postfix/pickup[9462]: D1AD382183: uid=33 from=<www-data>
Mar 15 10:04:12 hostname postfix/cleanup[9496]: D1AD382183: message-id=<dec2cf9320f6027687d0bc07ff0684a7@amiiby.com>
Mar 15 10:04:12 hostname postfix/qmgr[9463]: D1AD382183: from=<www-data@amiiby.com>, size=726, nrcpt=1 (queue active)
Mar 15 10:04:14 hostname postfix/smtp[9500]: D1AD382183: to=<xxxxxxxx@gmail.com>, relay=gmail-smtp-in.l.google.com[108.177.97.26]:25, delay=1.5, delays=0.03/0.01/0.55/0.93, dsn=2.0.0, status=sent (250 2.0.0 OK  1552611854 f5si476733pgp.452 - gsmtp)
Mar 15 10:04:14 hostname postfix/qmgr[9463]: D1AD382183: removed

メールクライアントでも受信を確認しました。(迷惑メールと判断されていましたけど)

コメント

タイトルとURLをコピーしました